高い塗料を扱うんだから!

昨日、9月26日の午後からとあるメーカーに来て頂いて自社にて勉強会をしました。
来て頂いたのは弊社イチオシの遮熱断熱塗料キルコを製造販売しているシンマテリアルワン。
前回、足立営業所に伺って研修を受けて施工認定店となってますが、今回は現場スタッフへの勉強会でした。

車庫で座学w

担当さんも実践済みの我々相手となれば話がしやすいんですね。

実践したからこその疑問があるわけで、自然と会話のキャッチボールになります。

もちろん実践経験者ならではのオフレコな話もあるわけですがねw

思いつく事を聞き放題です!

実践をした職人からの質問ですから的外れなことは何一つ無いし、今頃聞くことか?なんて質問もないです。

仕事の品質を、塗料の性能をきちんと活かすための確認の色合いが強い内容でした。

担当者さんが持ってきてくれた能力テスト用のデモ器。

キルコ仕上げ(左側)と一般的な塗料(右側)をトタンに塗ってあるんです。

センサーは裏側に付いてます。

見ての通りの違いです。

当然塗料単価も高いですし、塗装には注意が必要になりますから一般的な塗料よりも工事単価は高いです。

だからこそしっかりと勉強しておく必要があります。

同じような高額塗料にフッ素があります。

これについてもしっかりと施工する必要があるので、メーカーを厳選してAGCコーテックの「ルミステージシリーズ」を採用し、これについても施工認定店として認めて頂いてます。

そしてキルコとルミステージでは弊社、メーカー、塗料販売店の3社連名の保証書をお出しできます(諸条件あり)

高機能、高価格な塗料を扱うペンキ屋の責任と覚悟として認定店を受けています。

もちろんスタンダートな塗料を扱うときも妥協はしませんよ。

スタンダートであっても塗料選びから絶対に譲れない事をクリアした塗料しか使いません。

キルコ公式ページは、http://www.shinmate1.com/

ルミステージ公式サイトは、https://www.makeupshop.jp/products/

About the author: ASABA_Paint