補修塗装と看板作製

明日から横須賀市大矢部の現場も本格着工

今日は突発工事を行いました

まずは電気屋さんからの依頼

三浦市福祉会館内の部屋のエアコンを位置を変更してつけ替えたら、以前の

エアコンの取り付けてあった部分に直径2~3センチほどの穴が2か所・・・・・

しかも壁の向こうはなぜか空洞

この穴をふさいで旧エアコン跡を塗ってほしいとの依頼でした

問題は穴の処置

やむを得ず穴に合わせて木で杭のようなものを作り、周りにシーリング剤をたっぷ

りつけて穴に押し込みました

木のはみ出た部分は切り落としました

周りに施したシーリングのおかげで隙間も埋まりOK

ある程度乾いたら、他の小さな穴ともどもパテ処理

最後に水性塗料を2回塗って終了

もう一部屋ありましたが、そっちは大穴はなかったのでパテ処理して水性塗料2回

塗って完工

大穴のあった部屋は実は三浦市の契約課の部屋

つまり公共工事の検査官のいる部屋でもあります

補修塗装工事しながら随時検査を受けてるような状態

でも、検査官が現場での作業を実際に見ることは少ないので、いい機会になったの

では?

その間に私は看板作製

看板の板そのものは施主さんが持ち込んだので、私はカッティングシートで文字を作

って張り付けました

合計4枚

作業は終了しましたが、どうしても板とシートとの隙間に若干の空気と施工液が残るこ

とがあります

とくに夏場は気温が高いので、余分な空気や施工液が抜け切る前に周辺が密着して

しまうことが起こりやすいのです

今回も何か所かに見受けられましたので、数日様子を見ます

不思議なことに放置しておくと自然と無くなることがほとんどなのです

どうしても無くならないところは針等で突いて処置します

土曜日に納品予定です

さあ、明日と明後日は塗り替え現場の高圧水洗

合羽を着ての作業だからサウナ状態

でも壁の洗浄だと跳ね返った水がミスト効果でちょっと涼しかったりする

 

About the author: ASABA_Paint