屋根の塗り替え

今や屋根はスレート(コロニアル)が主流。

それでもトタン屋根という家もまだまだあります。
昔はトタン屋根は刷毛でぬるのが当たりまえで、ローラー塗装なんて考えられませんでした。
特に波トタンをローラーで塗るなんてありえない。
波トタン専用ローラーもありましたが、谷部分に充分に入らなかったり、専用のしごき網が必要だったりで一度使ってやめました。
そして塗料の乾燥速度が速くなる事、工事単価の異常な下落に伴いローラー塗装による時間の節約は必須事項になってしまいました。
でも、なかなか満足いくローラーというのは無かったんですが、今は違います。

きちんとトタンの形状に追従してくれるローラーがあります。

弊社で採用している「ツイスト」や「マイクロエース」などがそうです。

始めて「マイクロエース」で波トタンを塗っているデモを見た時はビックリしました。
見事に波トタンの形にローラーが変形している。
それまでのローラーに比べると高価でしたが即採用。
その後「ツイスト」というローラーが出ましたがこれも同等の追従性があり、使用する塗料や塗りの工程、塗装面の状態に合わせて使い分けています。

About the author: ASABA_Paint