【施工対応エリア】神奈川県横浜市

横浜市の一部(応相談)


看板の骨組み作製

まずは角材で枠と骨組みを組み立てます。

看板の大きさに合わせて角材の太さや、中骨の本数を決めます。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作
看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

この看板の場合は裏側には板は張りません。

露出になりますので、保護と美観を兼ねて塗装しました。

看板本体の完成

表面に厚さ3ミリのアルミニュウム複合板を貼り付けます。

トタン板よりも軽く、錆ないので現在はこれを主流にしています。

複合板を貼り付けて、看板本体の完成です。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

カッティングフィルム貼り付け

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

地色の赤のカッティングフィルムを全面に貼り付けます。

全面を1色にするので塗装してもいいのですが、「赤」という色は非常に色落ちしやすいため、より耐候性のあるカッティングフィルムを張り付けました。

実際にこの赤のフィルムで製作し、屋外に設置した看板は5年以上たった今でも色落ちがしていません

今回の文字は黒文字の周りに白縁をつけます。

その為にまずは縁取りの為の白のカッティングフィルムを貼り付けます。

この段階で文字の配置も決めてしまいます。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作
看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

白のフィルムの上に黒文字のフィルムを縁が均等になるように貼り付けます。

完成した看板のイメージが見えてきました。

その他の文字を貼り付けて、文字の貼り付け作業は終了です。

これで看板としては95%完成です。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

大きな文字の作成

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

作成する文字や図形の大きさによっては、プロッターの関係上1枚のフィルムとして作成できない事があります。

今回もそうでした。

その場合は分割して作成します。

今回は2分割して1文字を作成します。

まずは左半分を貼ります。

次に右半分を重ねて貼ります。

これで1文字が完成するわけです。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

仕上げ

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作

見栄えを良くするために、看板の周囲にアルミのアングルを取り付けます。

必ずしもアルミのアングルを取り付けるわけではありませんが、今回は取り付けました。

看板の四隅のアルミアングルの重なり部分はこのように処理します。

ただ、重ねるよりもカッコいいでしょう。

看板作製|横浜市塗装 施工エリア|浅葉塗装工業所|横浜市住宅塗装/横浜市屋根塗装・屋根塗り替え/横浜市外壁塗装・外壁塗り替え/横浜市床塗装・床塗り替え/横浜市船舶塗装・船舶塗り替え/横浜市看板製作