グフ R35

ハイグレードモデル、グフR35がロールアウトしました。

まずは素組みです。

 

 

素組みでも充分にカッコいい!

ですが今回気になったのは2点。
まずは「手」です。

通常のグフよりも直線が多いので握り手をMSハンドに変更します。

 

ちょっとメリハリが出て良い感じ。

そして最大の欠点が腹部の動力パイプ。

 

写真のように曲げやすくするために切り込みが入ってます。

これが何とも気にいらないので、ここもMSパイプに交換します。
パイプの接続部分はそのままでも使えるんですが、せっかくですのでそこもMSパイプの物に変える事に。

 

切除して同じ場所に貼れるように軸穴を加工しました。

 

プラ板を円形に切り出し、表面は光硬化パテで成形して中心に穴をあけました。

接続部分を取り付ける時にこの穴をガイドにする事で左右同じ位置に貼り付ける事が出来ます。

そしてサフェーサーを吹付け。

 

全体を細目のスポンジヤスリでならしてから本塗装に入りました。

前回のグフ同様に下地を白黒にする事で濃淡を出すつもりでしたが、気が変わって違う色を使って色分けをしました。

まずはフィンガーバルカンもシールドもない状態。

 

そしてフィンガーバルカンのみを装着。

 

 

バルカンの色分けはマスキングでやりました。
最後はシールドを装備。

 

 

グフR35、ロールアウトです!

 

 

せっかくだからグフとのツーショット

 

さて、写真を撮るときはネットに出す事を意識してますので、撮影時にデジカメの明るさ調整でちょっと明る過ぎるかな?ってぐらいまで明るくして撮っています。

今回、その上げた分下げて暗くした写真も撮ってみました。
それがこれです!

めっちゃいい感じで撮れました!!

今後の写真の撮り方に一石を投じる一枚です。

 

カラーレシピ
今回はサフの上に直に吹いています。
濃い青:スージーブルー
薄い青:MSライトブルー
関節、シールド裏等:黒鉄色
膝や胸部:ミッドナイトブルー
バーニヤ:スターブライトゴールド、メッキシルバーNEXT
クリア:スーパークリアーⅢ

About the author: ASABA_Gundam